レビトラの錠剤と複数のレビトラの箱

レビトラは即効性の高いED治療薬です。今までパートナー以外に相談できなかった悩みのEDですが、不治の病ではありません。薬でも治るんです!このまま放置すると症状が悪化し、自然に治ることはありません。レビトラで自分で抱えてた悩みを解消しましょう

レビトラはセックスの際にどのように作用するのか

ED治療薬のレビトラは、服用したら大事な部分が勃起し続けるというイメージを持っている人もいます。
しかし、レビトラを服用したからといって勃起しっぱなしになるのではないです。
それではレビトラを飲む事でセックスをする際にどのような影響があるのか、その作用について説明をします。
勃起というのは、性的な刺激を受ける事で一酸化窒素が発生し、その一酸化窒素が血管を拡張する事によって海綿体に血液が流れ込み、その圧力で海綿体が硬くなる事で起きる現象です。
そして勃起すると静脈が圧迫されて血液の流れが抑えられ、それによってしばらくの間は持続しています。
それではどうして勃起が収まるのかというと、勃起に一酸化窒素がかかわっていると説明しましたが、勃起に大きく関わっている物質にサイクリックGMPというものもあります。
このサイクリックGMPを分解する酵素としてPDE5があり、このPDE5の作用によってサイクリックGMPが徐々に分解されて勃起が収まっていきます。
レビトラはPDE5の作用を阻害する働きがあり、その効果によって勃起が収まりにくくなって持続しやすくなるのです。
勃起をする時には性的な刺激を受けて興奮する必要がありますが、レビトラを服用しても勃起が生じる際のメカニズムには関与していないので興奮して勃起するという訳では無いです。
また、PDE5の働きを阻害する事によって一度勃起したら戻らなくなるのではないかという心配をする人もいますが、完全にPDE5の働きを抑えてしまうという訳では無いので、普段よりも戻りにくくはなっても性的な刺激が無ければ少しずつ戻っていきます。
ただ、PDE5の働きを阻害する効果によって普段よりもちょっとした事で勃起しやすくなるので、持続時間の事は考えて服用した方が良いです。