レビトラの錠剤と複数のレビトラの箱

レビトラは即効性の高いED治療薬です。今までパートナー以外に相談できなかった悩みのEDですが、不治の病ではありません。薬でも治るんです!このまま放置すると症状が悪化し、自然に治ることはありません。レビトラで自分で抱えてた悩みを解消しましょう

レビトラの薬名の意味と量による違いについて

勃起障害や勃起不全などの症状のことをEDと呼んでいますが、症状が重いときには専門治療を受けられるクリニックを受診することがおすすめです。クリニックでは医者の診断の下でED治療薬の処方を受けることが可能で、日本においてはバイアグラが最も知名度が高いと考えられますが、その他の治療薬としてレビトラなどもあります。
レビトラはドイツのバイエル薬品によって開発されたED治療薬で、バイアグラの次に誕生したものとなります。レビトラの薬名は英文でLEVITRAとなり、leは男性定冠詞で、vitraは男性の生命を意味しています。レビトラは10mgの量と20mgの量のものがあり、10mgの場合であれば服用してから4~5時間の持続時間となります。20mgのものは服用してから8~10時間の持続時間となっていますので、性行為を行う1時間前に飲むことが良いと言えます。空腹時であれば服用してから、20分ほどの時間で効き目が現れます。レビトラはお水以外の飲料で服用しても効果を得ることが可能ですが、お酒との併用は危険です。お酒の弱い人が一緒にレビトラを飲んだときには、レビトラによって得られる作用として、血管が拡張されますので、それによってアルコールが一気に回って倒れてしまう危険性があります。
レビトラは1回の服用につき1錠飲むことになり、次の服用までは24時間以上空ける必要があります。脳に作用する媚薬ではありませんので、服用してから性的な刺激を受けることで勃起を促進させる作用が得られます。食事による影響を受けると考えられており、食事を摂ることで薬の効果が薄れますので、食前20~30分前ぐらいの空腹時に服用することがおすすめとなります。食後に性行為を行うときには、食後から2~3時間ほど空けることで満足な効果が得られると考えられます。