レビトラは味方です!

レビトラの錠剤と複数のレビトラの箱

レビトラは即効性の高いED治療薬です。今までパートナー以外に相談できなかった悩みのEDですが、不治の病ではありません。薬でも治るんです!このまま放置すると症状が悪化し、自然に治ることはありません。レビトラで自分で抱えてた悩みを解消しましょう

知っておきたいレビトラの効果

レビトラを手に入れたいなら
▲レビトラは効果の即効性が信頼できるED治療薬です

タダシップは脅威的な持続時間
▲効果の時間が長いのが欲しいという方にはこちらのED治療薬がおすすめです

レビトラはバルデナフィルという成分によってED治療効果がありますが、その仕組みについて理解するためには勃起のメカニズムについて理解しておく必要があります。勃起というのは性的な刺激を受ける事で血管を拡張する物質が増加する事によって起きます。そして勃起が治まる時にはPDE5と呼ばれている酵素が血管を拡張させる物質を破壊する事によって治まっているのです。レビトラはそのPDE5という酵素の働きを阻害する作用があり、だからこそ勃起を長時間持続させる効果があるのです。
ED治療薬について理解していない人だとED治療薬を服用する事で効果が続いている間はずっと勃起しっぱなしになるのではないかと心配する人も多いですが、レビトラはあくまでも勃起した後の持続力を高める作用があるのであって勃起を促す作用がある訳では無いです。だからこそレビトラを服用したからといって効果が続いている間はずっと勃起したままという訳では無く、勃起をするためには性的な刺激や興奮を与える必要はあります。また、レビトラは先に発売されたED治療薬の問題点を改良していて食事の影響をあまり受けないと言われています。
あくまでもあまり受けないというのであって全く影響を受けないという訳では無く、特に脂肪分の多い食事を多く摂取すれば効果は弱まってしまいます。最大限に効果を発揮したいのであれば空腹の状態で服用するのがベストなので、どうしても食事をしなければならない状況でないならば、食事を我慢して服用するのが最も効果が期待できます。
その他にはレビトラの成分は他の治療薬の成分とは違って水に溶けやすいという特徴があり、その特徴があるために最大血中濃度に到達するまでの時間が短くて済み、服用してから20分程度で効果が現れ、4,50分程度で最高血中濃度に到達します。

気になるレビトラの副作用

ED治療薬の中で即効性に優れると言われるレビトラは、実は併用禁忌薬が非常に多いことでも有名で、他のED治療薬以上に慎重に服用する必要があります。硝酸系の降圧剤はもちろんのこと、抗ウイルス薬や抗真菌薬、その他にも様々な飲み薬が禁忌とされ、さらにグレープフルーツを食べたりジュースで飲んだりするのも禁止されています。原因は代謝機能に影響を与えるためで、併用すると血中濃度を上昇させてしまい、様々な副作用を引き起こす可能性があるからです。レビトラによる副作用は主に顔のほてりと目の充血、頭痛、めまい、ふらつきなどで、これらはレビトラが血管を拡張する作用からくるものと考えられています。そのため、レビトラの効果が発現してから起こるのですが、効果が切れたら一緒に落ち着いてくるようになります。基本的に症状はそれほど辛いものではなく、頭痛なども難なく耐えられる程度だと言われていますが、煩わしくて性行為に集中できない場合は頭痛薬を使用して抑えることも可能です。本来なら気にすることはないのですが、症状が耐えられないほど重かったり、作用時間が切れても症状が治まらない場合は、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。また、重度の副作用として、明るい場所が異常に眩しく見えたり、本来の色彩からかけ離れた色に見えるような視覚異常が起こることが報告されています。非常に稀なケースで、まず起こることはないと考えられますが、こうした症状があらわれた場合はすぐに専門医に診てもらうようにしましょう。レビトラの副作用は他にも様々なものが認められているので、使用する前に副作用について理解するため、説明書に目を通しておくことを推奨します。

レビトラの正しい服用方法は?

ED治療薬を開発する時には、既に開発されている薬を参考にして新しい薬を開発するという手法がとられることがあります。例えば、バイアグラという薬は後年に開発されるED治療薬の参考として利用される汎用性の高い薬としても非常に有名です。実際にレビトラに関してはバイアグラを参考にして作られた薬なので全ての効果に関してバイアグラ以上の効果を体感することが可能です。バイアグラの大きな問題点は、持続効果の短さと食事に関する副作用の大きさにありました。バイアグラの最大の持続時間は長くてもわずか5時間程度ですが、後年に開発された薬に関しては軽く10時間を超えるものも存在します。また、副作用に関しても特に食事から生じる副作用に関してはバイアグラ時代の失敗を活かして余計な効果が出ないように考えられています。バイアグラの服用時に食事をとってしまうと、そこから予期できない副作用が生じることもありましたが後年のレビトラ等に関してはこうした問題点が改善されています。中には、グレープフルーツとの併用が禁止されているなどの例外もありますが、例外に関してはそれくらいのもので、それ以外に関してはものすごく利用しやすい状態になっています。食事に関してはカロリー数に制限がついていますので一定カロリーの範囲内ならばグレープルーツやお酒などの食事を除外することで食事をとったあとでも容易に服用することが可能です。また、レビトラに関しては即効性がバイアグラ以上に改良されていて、服用してから30分もせずに勃起の効果を体感することが出来ます。即効性のある薬の中ではバイアグラの次に作られたレビトラが最もすごいので、すぐにでも性行為を楽しみたい時には重宝する薬になるといえるでしょう。また、入手ルートとしてレビトラやバイアグラは通販がお得なので検討してはいかがでしょうか。
▼レビトラはクリニックで!副作用など気になる点もその場で専門の方に相談可能です
EDの相談は新橋ファーストクリニックへ